カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ペルシャ絨毯とイラン民族



ペルシャ絨毯織り民族



ペルシャ絨毯の母なる国、イランは多民族国家である。国内には多数の部族が居住しそれぞれ異なった文化を持っている。ここでそのいくつかについて紹介します。


これらの各部族はそれぞれ自分たちのために絨毯を作るが、やはり部族によっては色合いやデザインが異なります。最近遊牧民族の中でも町に定住する家族もいるが、自分の民族の独特な文化を守り、長い間引き継がれてきた模様と色彩感覚で絨毯を織り続けている。




◆ガシュガイ族


 

イラン南西部に遊牧している「ガシュガイ」族が、手紡ぎで作ったウール糸を、天然草木で染めて絨毯作りに使用する。このように作られた絨毯はギャッベまたはギャベと言われ、カシュガイ族は、ギャッベを織る遊牧民の代表格です。この民族の絨毯作りの技はユネスコに世界無形文化遺産として登録されています。


今人気のギャッベは、遊牧民や定住化したカシュガイ族の手によるものが多く紹介されています。
カシュガイ族は鮮やかな色合いを好み、この色彩感覚が、彼らの華やかな衣装やギャッベ作りにあらわれています。
また、自然の中で生活している彼らが、生活環境で触れ合う動植物をモチーフに絨毯の模様に織り込んでいます。どの模様も家族の幸せと健康や未来への希望を願った、大変縁起の良いものです。
彼らが住んでいるのは、イランの「ファールス」州で、標高が高く、地変厳しい環境です。羊の餌を求めて、冬は暖かい低地に夏は涼しい高地に移動する。




◆ルリ族


「ガシュガイ」族より若干西側に居住しています。中にはトルコ系も存在しており、紀元前よりこの地域に住んでいると言われています。
彼らもギャッベを織り、ほとんど「ガシュガイ」族と同じ模様で織っています。むしろ「ガシュガイ」族がこの民族よりギャッベ作りを教わったともいわれることがあります。居住環境は「ガシュガイ」族とほとんど同じだが、それぞれが個々の民族特有な言葉を話している。




◆バクティアリ族


バクティアリ族はルリ族と近親的な部族で、山岳地帯の合間に住んでいます。


かつてはこの地域において、絶対的な強さと権力を誇っていたそうですが、都市化と近代化が進む中で生活様式が変化してきたと言われています。




◆クルド族


イラン、イラク、トルコの3か国をまたがった地域で居住しています。これ以外に一部がイランの東側にある「ホラサン」州にい居住しています。このようにクルド族は、大きな少数民族で、その居住エリアも中東各地に広がっています。
ペルシャ絨毯の産地セネやビジャールがクルド族の街です。
クルド族には伝統的な部族の文様がありますが、やはり都市に定住することによって、他の民族との交流によって、模様が徐々に変化してきています。

 


◆バルチ族


バルーチ族は、イラン東部およびアフガニスタンやパキスタンに渡って、広範囲に住む民族です。この地域で作られた絨毯は主にイラン東部「ホラーサン」州の「マシャッド」市に集まってきます。
バローチ族の中には、今でも遊牧生活をしながら移動を広範囲で行い生活をしている人々もいますが、その多くは半定住の牧畜生活を営む人々が絨毯産業を支えています。
この民族が作る絨毯の模様には動植物は見られない。色彩感覚も「ガシュガイ」族と異なり、デザインの特徴は、深い色調の黒・青・赤・こげ茶の色糸を用いて幾何学文様を織りこんだものが多く織られています。作られる絨毯は一目でバローチの手織り絨毯であることがわかるほど、特徴的な印象をもっています。




◆その他


イランの北部にはトルクメン族やその他の地域にも多数の部族があります。現在でも遊牧生活を行う部族は少なくなりつつありますが、それでも遊牧の生活に根差しながら、自分たちのために気持を込めて織りあげた遊牧民の手織りペルシャ絨毯には、オリジナリティあふれるものを見つけることができます。どれもが大切に途方もない時間をかけて織り込まれたものです。また、彼らの生活環境にも長く使い続けられるように大変丈夫で長持ちするものです。絨毯の厚みも色合いとデザインも多様多彩で、あなたにピッタリなオリジナルな一品を是非探して見てください。

ギャッベ作りは世界無形文化遺産に



✻ ギャッベ作りの技はユネスコの無形文化遺産に登録されている。
このページでイラン、ファース州の遊牧民族のギャッベ作りの技が世界無形文化遺産に登録されている内容をご紹介いたします。
内容については、情報を客観的且つ正確に確認できるように、直接UNESCOのホームページを見ていただけるように工夫しています。
また、下記フレーム内に識別情報「Identification」、スライドショー「Slideshow」、ビデオ「Video」の3種類、それぞれご確認いただけます。ビデオタグではガシュガイ民族の生活環境やギャッベ作りのドキュメンタリー動画ですので、ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

ギャッベの良さに戻る





イランの国民的伝統行事「ノールーズ」



✻イランのお正月は日本の春分の日と同じ日

 

ペルシャ絨毯の母なる祖国・イランの国民的な行事をご紹介しましょう。それは「ノールーズ(nowruz)」といわれるイランのお正月です。ペルシャ語で、ノー(now)は「新しい」、ルーズ(ruz)は「日」を意味します。この「ノールーズ」は毎年、日本の春分の日と同じ日に設定されます。寒い冬を耐え忍んだ植物が新芽や花を開き、人間の心も体も軽やかになるこの季節こそ、新しい年の始まりにふさわしいという伝統的な発想に由来し、天文学上の正確な春の始まりの日がお正月とされるので、日本の春分の日と毎年必ず同じ日になり、昼と夜の時間の長さが同じということになります。分や秒単位まで正確に計算され、太陽が春分点を通過した瞬間に年が明けるのです。




✻3,000年以上も昔から行われてきた伝統行事

 
「ノールーズ」の歴史は少なくとも3,000年前までに遡ります。イランの文化遺産である王書『シャーナメ』(約1,000年前にフェルドースィによって書かれた詩集)によると、イランの伝説的な王様・ジャムシードが冠をかぶった時に太陽の光がその冠を照らし、それを見た人々がお祝いをしたという伝説が残っています。紀元前538年にはキュロス第二王によって国の祭日、国民的行事に決定し、ペルセポリスの遺跡の壁にもその様子が刻まれています。それから何千年経た今も、「ノールーズ」はイラン人にとって最も大きな祝賀のお祭りなのです。




✻Sを頭文字に持つ7つの植物を飾る慣習

 
イランの七草

「ノールーズ」を迎えるために、家庭の主婦たちは新しい洋服や靴を揃えたり、お客様のために甘いお菓子を作ったり、数週間も前から準備をします。そして、忘れてはいけないのが、「ハフトスィン(Haft Sin)」という飾り物です。各家庭では、頭文字がSで始まる物を七つ飾るのです。イラン人にとって“7”は神聖な数字です。Sを頭文字に持つ7つの物は、植物でなくてはいけません。7つの植物とそれぞれが象徴する意味は以下の通りです。(1)Sieb(りんご) 美しさ (2)Sabze(緑色の草) 再生 (3)Samanoo(モルト、小麦から作られたお菓子) 豊かさ (4)Senjed(ナツメ) 愛 (5)Seer(にんにく)清潔さ、健康 (6)Serke (酢)喜び (7)Sonbol(ヒヤシンス)春。また、植物とは別に、コーラン、鏡、コイン、金魚ばち、ろうそくなども飾られますが、各家庭によって飾られるものが若干変わってくるようです。
 行く年の最後の水曜日には、庭や空き地で焚き火をして、その火の上を飛び越える「チャハールシャンベ・スーリー」という習慣もあります。こうすることで健康を祈願し、悲しみや心配ごとが取り除かれるという言い伝えがあるのです。




✻日本とよく似た風習、お正月の最後も日お花見も?

 

元旦になったら親戚や友人の家を訪問し、抱き合ってキスをして新年の挨拶するのが慣習です。また、子供にエイディーという名のお年玉をあげたり、この日のために用意しておいた新しい服を着るなど、なぜか日本の風習とよく似ているところがあります。

イランの花見  

13日間に渡った「ノールーズ」が終わった後、イランでは「スィズダ・ベダール(Sizdah behdar)」という日本の花見によく似た行事が、正月からちょうど13日目に行われます。“13”は悪い数字で、それを乗り越えるため、そして悪魔を家から追い出すために緑豊かな川沿いへピクニックに行き、祝宴を開くのです。その時、正月の間に育った麦の芽(サブゼ)の葉を結びながら、自分の願いが叶うように祈ります。

 この「ノールーズ」は現在、イラン国内だけではなく、中東、中央アジア・コーカサース地方、黒海周辺、バルカン半島といった広い地域をはじめとする世界各地で、合計3億人以上の人々がこの日を祝っているとさていますので、国際的なイベントといっても過言ではないでしょう。





ペルシャ絨毯ギャッベの国イラン


ペルシャ絨毯原産国イラン


イランはどんな国なのか、日本との違いや共通点はあるのかなど、イランにご興味のある方に、少し情報を掲載いたします。
しかしながら、よほど興味がない限り、他の国について勉強するのは大変だと思いませんか?また、普段はかかわりのない話題は時間の経過と共に記憶から消えていくのは私だけでしょうか。ここで、少しでも皆様の記憶に残るように、活字の固い話ではなく、ある程度ビジュアル的且つ簡潔に、ペルシャ絨毯の産地であるイランと日本を他方面から比較することで、イランに対する知識を深めていただきたいと思います。


1. 文化風習
民族衣装
2. 地球のどこ?
地球
3. 日本との時差
時差
4. 国花国旗。
花




5. 暦と四季
太陽系惑星

6. 風土、海、森、川
海
7. 首都の気候。
機構
8. 米採れる!
米




9. イランの富士山!
山
10. イランに雪!
雪
11. 砂漠
砂漠
12. 言語、書道
習字




◆1)床に座る生活習慣と炬燵文化。



イランの部屋

 ここで、イランと日本の共通な生活習慣の何点かをご紹介いたします。

1) イランは多民族国家であるが、民族に関係なく全国的に日本と同様に土足で部屋に上がりません。基本的に靴を抜いてから家の中に入ります。それは、日本には昔から畳があるようにイランの家の床にペルシャ絨毯が敷かれています。近年西洋文化の影響を受け、食べる時に椅子とテーブルを使用することが多くなっていますが、やはり床に絨毯が敷かれています。それは、生まれてから身近にある手織り絨毯の良さ、肌触りや居心地の良さを体験したイラン人にとっては、ペルシャ絨毯なしの生活は考えられないです。例え床一面に絨毯を敷けない場合でも、玄関マットや床の一部にアクセントとして絨毯が敷かれています。また、日本で大事なお客様をできれば畳部屋でおもてなししたいと同じように、イランでは家の中にある最も高価な手織り絨毯が敷かれている部屋でお客様を迎えるのです。


イランの食事風景 イランの食事風景

2) イラン人は床に座って食事をするのは従来の習慣で、今でも多くの人が床で食事をします。ただ日本との大きな違いは卓袱台を使わない事です。床の絨毯の上に食事専用の敷物を敷き、この上に料理を置きます。これが食事台となり、この周りに座って食事をします。また、日本では正座するのは一般てきですが、イランでは胡坐をかくことが礼儀正しいとされています。

イランの炬燵

3) 今ではあまり見かけませんが、日本と同様に冬になると炬燵を使う習慣があります。形や使い方は全く日本と変わりません。炬燵の上に布団を掛け、炬燵を囲んで座るのです。ここでお茶を飲んだり、果物やナツ類などを食べながら家族が団欒をする場所です。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆2)イランは地球上のどこに位置している?


地球とイラン

世界地図イランは中近東の国で、世界地図で見ると、日本から西へ約8000Km離れているところにあります。

国土の面積は日本の約4.3倍(約164万k屐法

人口は日本よりも少なく、約7500万人(2012年)。

公用語はペルシャ語


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆3)イランと日本との時差


時差

地図で見ていただくと、経緯での計算上では、日本の東側からイランの西側まで約7時間の時差が示唆されます。しかしながらイランの公用時間と日本の公用時間は約5.5時間の差です。

イランには夏時間と冬時間がありますので、これにより季節によって1時間のずれが生じます。時期によって、最短では4.5時間の差になります。

イランの首都テヘランは東京と同じく、北緯35.41°に位置しています。日本の北海道はイランの北部よりも北側にあります。また、日本の沖縄がイラン南部よりも南に位置しています。イランと日本は北半球の同等な位置にありますので、地域によっては類似の気候と季節になることが想像できます。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆4)イランの国花と国旗


旗

イランの国花はバラです。バラは古くから香料用として栽培されています。そんなイランであるが、意外と知られていないのは、チューリップの国でもあります。  実は、イランの国旗の真ん中に描かれているのはチューリップの花です。そのチューリップは4つの剣と三日月を用いて、アラーと書かれており、イスラーム革命で亡くなった殉教者を象徴しています。

古代ペルシャの伝説で、祖国のために兵士が戦死した場所には、赤いチューリップが咲くとされています。現在でも、チューリップは、勇敢さの象徴と考えられています。

緑色はイスラム教を、白色は平和を、赤色は勇敢さを象徴しています。中央の文字は国章になります。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆5)イランの暦は太陽暦で、春分の日は元旦です。


イラン歴

イランは古くから天文学的な理論に基づいた暦を使用しています。この暦は太陽歴で、科学的に地球の回転から算出される春分の日を元旦としています。この日から最初の6ヶ月は、毎月31日で、その次の5ヶ月は30日で、最後の月は29日間となります。閏年の場合はこの最後の月も30日となります。

一見大胆なやり方に見えますが、実に科学的に日本の春夏秋冬も計算され、非常に合理的な方法です。この暦では日本の春分の日は元旦で、夏季は4月1日で、秋分の日は7月1日で、そして10月1日は必ず冬至になります。

日本では、日本国のような季節感のある国は存在しないというのは大衆の考えです。実はイランの方が季節が日本よりもはっきりしていて、この季節の節目を非常に大事にし、その文化は今でも引き継がれ、重要視されています。元旦である春分の日はその象徴で、国民的行事として「ノールーズ」があります。

尚この暦は、イスラム教の預言者ムハンマドのヒジュラの年(西暦622年)を紀元としていますが、西暦と日付が完全に対応するようになっています。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆6)イランの風土。


イラン地図

【海】 : イラン北部には、世界最大の湖、 カスピ海が、南部にはペルシャ湾と オマーン海に面した、2000キロ以上に及ぶ海岸が存在します。

【森、山】 : イラン北部のマーザンダラーン州北西部には、ヒルカニアン山脈という場所があり、ここは、世界でも数の少ない、古くから残る森林です。また、最も高い山がダマーバンド山で、首都テヘランはその麓にあります。

【砂漠】 : イランには2つの大きな砂漠地帯がり、その面積は30万k屐聞馘擇量18%)を超えると言わています。

【川】 : イランには沢山の川があり、その代表的なひとつが、標高3974mから流れてくる、長さ400劼離競筌鵐妊襦璽匹あります。

【湖】 : イラン国内には、大小合わせて50の湖が存在します。中でも代表的なもののひとつが、オルミーエ湖です。この湖は、地球上にある59の生物の宝庫のひとつであるとされています。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆7)首都テヘランの気候。


テヘラン気候

起伏に富み、国土も広いイランの気候は、場所によって大きく異なりますが、全土を通じてベストシーズンは春(3月後半〜5月)と秋(10月〜11月)で、気候が穏やかで過ごしやすい季節です。

夏(6月〜9月)のペルシャ湾沿岸地域は 湿度が高く、気温も40℃を越える日が続きます。これに対して、北西部のタブリーズなどの高原部や北部カスピ海沿岸部は過ごしやすく、ここを訪れるならこの時期もお勧めです。

冬(12月〜3月)の北西部(テヘラン周辺からタブリーズ)は日によって雪も降り非常に寒いですが、ペルシャ湾沿岸部を訪れるならこの時期がベストです。

首都テヘランは東京都と同じく、北緯35.41°に位置しています。年間を通して、気候の変化は東京に似ていますが、やはり海から離れているため、降水量は少なく、夏の最高気温も東京よりは高いです。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆8)イランに米が栽培されています。



水田

 首都テヘランから北部のカスピ海へ向かって走ると、標高4500mタハテ・ソレイマン山の峠を越えると、山の麓には日本と同じような水田が広がる景色が見られます。テヘランから約250厠イ譴討い襦屮▲薀燹璽搬次廚砲蓮∋海涼翳△ら流れる雪解け水が絶え間なく流れ、谷間には涼しい風が吹きおろす。

砂漠地帯のあるイランだが、北部は山地に覆われ冬には雪が降り、カスピ海沿岸では温暖な気候に恵まれ農業が盛んです。この地域の気候は日本に非常に似ていて、お米やお茶、柑橘類などが栽培されています。


上部目次に戻る ホームへ戻る




◆9)イランにも富士山のような山がある。



上部目次に戻る ホームへ戻る




◆10)イランに雪が降り、スキー場もあります。


イランスキー場

 日本であまり知られていないイランの以外な一面です。全体的に標高が高く、沢山の山がありますので、雪が降って、スキー場もあります。スキー場は首都テヘラン北部に3箇所、北西にあるダブリーズ市近郊にも数箇所あります。代表的なスキー場は、ディジン(Dizin)、トチャル(Tochal)、シェムシャーク(Shemshak)などがあります。







上部目次に戻る ホームへ戻る




◆11)国土の約20%は砂漠。



イランの砂漠

 イラン国内に二つの砂漠があり、その面積はおおよそ30万k屬如国土の約5分の1にあたります。これらの地域の特徴としては、夏冬、昼夜の気温差が大変激しいことが挙げられます。夏の最高気温は50℃に達し、1月でも平均22℃で、一年を通して雨はほとんど降らないです。砂漠地帯の所々では、吹き付ける風による流砂が、美しい景観を作り出しますが、高さ40mの砂丘が嵐によって出来上がることもあります。




上部目次に戻る ホームへ戻る




◆12)イランにも書道の文化があります。



書道

 イラン公用語のペルシャ語は、右から左へ進むように書きます。アラビア語と共通のアルファベットを使用していますが、アラビア語の場合は28文字で、ペルシャ語の場合はこの28文字にさらに4文字を加えて、合計32文字になります。

ペルシャ語には様々な書体がありますが、特に「ナスタアリーク」という書体が美しいとされ、小学校からこの書体を美しく書けるように書道の教育があります。また、学校以外に一般人が通えるような書道教室もあります。これは日本との意外な共通点の一つです。


イラン書道道具 イランのネイ しかしながら、ペルシャ語の書道は毛筆ではなく、「ネイ」(芯が空洞で竹に似た植物)と呼ばれる茟の先端を削った道具を使います。「ネイ」は万年筆の先端を拡大したようなイメージです。この茟の先端の幅を各自、用途に合わせて調整し、自分好みの茟に仕上げて、墨をつけて書きます。




上部目次に戻る ホームへ戻る


ページトップへ