カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ギャッベの手入れ




目次

   こちらのページでウール絨毯である「ギャッベ」の手入れに関して、お客様から頂いたご質問についてご回答いたします。ご来店いただいた方はご参考にしてください。


  1. ギャッベの取扱い注意点はなんですか?
  2. 長期保管はどうしたら良いですか?
  3. 日常手入れはどうしたら良いですか?
  4. ギャッベの水洗いはできますか?
  5. 絨毯に飲み物をこぼしたらどうしたら良いでしょうか?
  6. ペットの糞尿がついた場合はどうしたら良いでしょうか?
  7. 直射日光当たっても大丈夫ですか?
  8. 表面が汚れたらふき取りはできますか?
  9. 床暖房・ホットカーペットにも使えますか?
  10. 夏も敷いたままで問題はないですか?





1) ギャッベの取扱い注意点はなんですか?
以下の点について 留意して使用していただくと一層長持ちします。
1) 出来る限り湿気、水分を避けてください。
2)ウール素材は虫に弱いので、防虫に心がけてください。
3)サイズは小さいものはご自宅で洗うことができますが、専門家に依頼することをお勧め致します。
4)トラブルが発生した場合、必要最低限の処置をしてから、専門家に相談してください。
5)長期に渡って使用しない場合は、防虫剤や湿気取を入れて、風通しの良いところに保管してください。

目次に戻る





2) 長期保管はどうしたら良いですか?
せっかく購入した高価なペルシャ絨毯は、基本はお使いになられるのが一番であります。 使用しない時は、ほこりや湿気をとり円筒状に丸めて、日の当たらない湿気の少ない所に横にねかす様に保管してください。
長期間にわたり使用しない時は、防虫剤や湿気取りを入れと効果的です。また、時々広げて風にあてて あげてください。
※注意 : ビニール袋に入れないでください。埃から守る場合は通気性のある布を使用してください。

目次に戻る





3) 日常手入れはどうしたら良いですか?
ウール絨毯は、毛に向きがあります。この毛の向きに逆らわない方向に、掃除機やほうきでほこりやごみを取り除くだけでOKです。
また、時々風通しの良い所で陰干しをして、絨毯の裏面をたたいてホコリなどを出すようにすれば充分です。

目次に戻る





4) ギャッベの水洗いできますか?
はい、できます。お湯は使わないでください。但し、水洗いした後、十分に水切りをして、風通しの良いところで、乾燥させてください。
★水分を含んだまま置くと傷んでしまいます。また、水を含むと数倍重量が重くなりますので、ご自宅で水洗いをする場合は取扱いに注意をしてください。
クリーニングは専門業者に依頼することをお勧め致します。

目次に戻る





5) 絨毯に飲み物をこぼしたらどうしたら良いですか?
ジュース、コーヒー等をこぼした時は、すぐに乾いた白い布で叩くようにして水分を吸い取るようにしてください。(強くこすると汚れは繊維の奥まで入ると同時に汚れの範囲拡大の原因になりますので、注意してください。)
また、洗剤や水などは使用すると状態を悪化させる恐れがありますので注意が必要です。 もし、処理した後にしみが残ったり、色のにじみなどのトラブルが生じたりした時は、補修専門業者にご相談してください。

目次に戻る





6) ペットの糞尿がついた場合はどうしたら良いですか?
ジュース、コーヒー等をこぼした時と同じように、すぐに乾いた布で叩くようにして水分を吸い取ってから、冷水で濡らした白い布を固く絞り、表面を軽く拭いてください。(強くこすると汚れは繊維の奥まで入ると同時に汚れの範囲拡大の原因になりますので、注意してください)。匂いが残る場合は、ペット用の市販消臭剤を使用してください。)
また、洗剤や水などは使用すると状態を悪化させる恐れがありますので注意が必要です。
クリーニングは専門業者にご相談してください。

目次に戻る





7) 直射日光当たっても大丈夫ですか?
短時間では問題はありませんが、直射日光を浴び続けますと、太陽光の紫外線などは絨毯変色の原因となりますので、 レースのカーテン等で日射を避けるようにして使用してください。

目次に戻る





8) 表面が汚れたらふき取りはできますか?
表面を布などで拭くことは問題はありませんが、注意は必要です。 ウール絨毯は、基本は冷水で濡らした白い布を固く絞り表面を軽く拭く程度です。

目次に戻る





9) 床暖房・ホットカーペットにも使えますか?
ギャッベは100%の天然ウールを織込んだ絨毯で、接着剤などは一切使用していません。通気性がありますので、安心してお使いいただけます。

目次に戻る





10) 夏も敷いたままで問題はないですか?
ギャッベは、夏季でも以外と見た目よりかなり涼しいです。
ギャッベの素材は天然ウールです。ウールは、1本1本の繊維がくるくる縮れています。クリンプと呼ばれるこの縮れのおかげで、ウール製品は、空気を大量に(体積の60%)も含むことができます。この空気は層断熱材となって、冬の外からの寒気を断ち、室内の暖かさを逃がしません。また、夏には逆に冷房の効果を高めます。これも繊維の中にエアコンの冷たい空気を大量に含むことが出来るからです。エアコンを止めても温度の上昇が遅いためにいつまでも涼しさを保つことができます。

目次に戻る




コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100024483&eid=23

ページトップへ