カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

イランのお正月

日本の春分の日はイランの元旦

 ペルシャ絨毯の母なるイランの国民的な行事の一つ「ノールーズ(nowruz)」があります。ペルシャ語で、ノー(now)は「新しい」、ルーズ(ruz)は「日」の意味で「新しい日」、元旦ということになります。毎年春分の日は「ノールーズ」になります。寒い冬を耐え忍んだ植物が新芽や花を開き、人間の心も体も軽やかになるこの季節こそ、新しい年の始まりにふさわしいという伝統的な発想に由来し、天文学上の正確な春の始まりの日がお正月とされるので、日本の春分の日と毎年必ず同じ日になり、昼と夜の時間の長さが同じということになります。分や秒単位まで正確に計算され、太陽が春分点を通過した瞬間に年が明けるのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100024483&eid=40

ページトップへ