カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

風水関連用語解説



玄関マット色選びと方位 玄関マットの選び方 絨毯色選びと風水

<用語解説>




◆陰陽五行説


 東洋思想において、この世の森羅万象は「陰」と「陽」によって成り立っていると考える。男性的、能動的、昼、夏、火、太陽などは「陽」、そして女性的、受動的、冬、夜、水、月などは「陰」となる。これが「陰陽説」である。また、あらゆるものの性質は五つに分類する考え方が「五行説」である。「木・火・土・金・水」にわけられ、色や味、臓器や季節、方位、食材など、それぞれが五行に配当されている。

 さらに、五行には関係性があり、一方を「生じ」、力を高める関係性を「相生(そうしょう)」と言う。「木」は薪となって「火」を生み、「火」は燃えることで「灰(土)」を生み、「土」は地中から「金」を生み、「金」は冷えると表面に「水」を生み、「水」は「木」を育てる、という関係性である。

 それに対し、対立する関係性を「相剋(そうこく)」と言う。「木」は「土」から養分を吸い上げ、「土」は「水」をせき止め、「水」は「火」を消し、「火」は「金」を溶かし、「金」は斧となって「木」を切る、という関係性である。

 この「陰陽説」と「五行説」が融合して「陰陽五行説」となり、様々な東洋占術や開運法の基盤となっている。






◆風水


 土地の起伏や川、道路、周囲の建物の配置、土地の形や方角から気の流れを読み、その人の生まれにふさわしい「陽宅(家)」と「陰宅(墓)」の土地選びや設計を行う方法。四神思想に基づき、北は玄武の示す山々、東は青龍が示す川、西は百虎が示す道、南は朱雀が示す開けた低地になっていることが望ましいとされ、古代、都市づくりにも用いられた。近年では九星気学や家相と融合し、家の中のインテリアを変えるだけものや、色や行動、メイクなど様々な分野で開運をはかる方法として「風水」という言葉が用いられている。

ページトップへ